媚薬って使っても大丈夫?

医薬品の媚薬の効果と陰茎形成術について

媚薬成分を含む医薬品は、自閉症のために投与されるオキシトシンが有名ですが、カフェインなどの覚醒作用などでも性欲が高まるとされています。女性の場合は、女性器や子宮の血流が十分で無いと性欲が高まらないので、体を温めて、血流を良くするための薬を服用することが一般的です。媚薬成分に関しては、アメリカなどで研究が進められていて、女性版のバイアグラなども販売されていますが、頭痛や吐き気などの副作用が多く出ることが問題となっていて、普及が進まない状況にあります。またホルモン療法によって、女性ホルモンのバランスを整えることで、性欲が高まるとされているので、生理不順などがある場合にはピルを服用して、ホルモンバランスを整えると、正常な性欲を感じるようになります。男性が女性の性欲を高めるために、媚薬を用いる場合はオキシトシンスプレーが一般的で、市販されているものは2000円前後の価格で販売されています。オキシトシンは関係を深める脳内ホルモンなので、友人関係から恋愛関係に短期間で進展させることができます。しかし効果には個人差があるので、すべての人が効果を実感できることはありません。陰茎形成術は女性が男性になるために用いられる手術ですが、事故でペニスを失った男性にも施されることがあります。最近では移植技術が発達したことで、手術の成功率が非常に高くなっていて、ペニスの大部分を失っても正常に機能するペニスを移植できるようになっています。多くの場合は、精神的には男性で、身体的には女性の人が受ける手術とされていて、日本では手術が行なわれていないので、タイなどの専門の医療機関で手術を受けることになります。申し込みなどは日本から行うことができるので、手続きに関してはあまり難しくはありません。