媚薬って使っても大丈夫?

主婦の泌尿器科の病気と媚薬の効き目

主婦の泌尿器科の病気は、一般的には膀胱炎が多いとされていて、尿意を我慢したり、細菌が膀胱内に侵入するのが主な原因とされています。男性にも膀胱はありますが、女性の場合は膀胱までの尿道の長さが男性よりも短いために、細菌が奥まで侵入しやすいという要因があります。膀胱に入りこんだ細菌は、尿と一緒に排出されるのですが、細菌が膀胱内で感染症を起こしてしまうと、炎症のせいで頻尿になったり、痛みを感じることがあります。膀胱炎を予防するためには普段から水分摂取量を多くしておいて、細菌をためない生活習慣を身につけることが大切です。主婦の場合は媚薬を必要とすることは少ないのですが、出産後にセックスレスになった場合には、媚薬と呼ばれる成分を服用してみる価値はあります。多くの場合は男性が飲んでいるエナジードリンクと似たような成分が配合されていますが、カフェインとアルギニン、アルコールなどを同時に摂取することで覚醒作用が高まって、性欲の低下を防ぐことができます。世界的に普及している媚薬としては、オキシトシンという脳内化学物質があります。この物質は、母性本能を感じさせる効果があるので、デートの時などに親近感を感じやすくなります。また犬や猫などを飼っているとオキシトシンが自然に分泌されているので、ペットを飼っている女性の場合は、男性がオキシトシンスプレーなどを用いても効果が半減してしまう可能性があります。オキシトシンは媚薬として販売されていることが多いのですが、実際には自閉症の治療のために点鼻薬として開発されていて、病気の治療のために使われている成分です。しかし媚薬を用いたとしても、コミュニケーションなどが上手でないと親密な関係を築くのは難しいとされています。